カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。
二次創作系小説を書き散らかしつつ、個人的に興味深いホビー(TF系多し)について騒ぎ立てるブログだったのですが、最近では自分で何やってるのかよくわかってません。そんなカンジのブログです。
グリーフシードイヤホンジャック作ってみた
全てはここから始まりました――

言い出しっぺの法則の原因
言い出しっぺ

ソウルジェムイヤホンジャックは公式からリリースされたそうですがグリーフシードとなると立体物はソウルジェムストラップと一緒にソートされたストラップとプレミアムバンダイ辺りの受注生産品くらいしかないのです。まあピンバッチはありますが。

GSイヤホンジャック

なんとなしにグリーフシードとイヤホンジャックを比較すると、似てる気がしませんかね。似てますよね。似てます。

GSイヤホンジャック002

ウォークマンにぶっ挿すと違和感もさほどありません。

ここでカゲツキ思いました。
これはもう改造するしかねぇな、と。

GSイヤホンジャック003

失敗した時の保険と単純にグリーフシードをじゃらじゃらさせたいがために楽天でグリーフシードを半ダース購入。合計一ダースあります。

GSイヤホンジャック004

影の魔女・エルザマリアのグリーフシードを生贄にすることに。
よくよく観察すると分割線が見られたのでデザインナイフを突き立てて接着された部分を力業で剥がし、分解。
中身はスッカスカです。

GSイヤホンジャック005

そしてグリーフシード下部の針のようなパーツを切除し、断線したイヤホンからプラグ部分を摘出してグリーフシードに移植します。
接着には瞬間接着剤とエポパテを使用しました。

最後にパテや瞬間接着剤が乾燥するのを待てば……

GSイヤホンジャック006

完☆成

GSイヤホンジャック007

突貫工事だったのですが、危惧していた強度的な問題は発生していません。
イヤホンジャックカバーとしての機能も問題なし。

GSイヤホンジャック008

写真左:改造前のグリーフシード
写真右:グリーフシードイヤホンジャック

多少の違和感がありますが、そこは御愛嬌。
ともあれ、これをスマホにプラグインすれば、あなたも立派な魔女クラスタ!
皆さん是非お試しを。
スポンサーサイト
【小ネタ】イヌカレーロールをグロンギ語訳してみた
劇場版魔法少女まどか☆マギカが上映されたわけですが、実は私行ってないんですよね金銭的な都合で(爆)

さて劇場版まどマギは前後編に分かれており、恐らく後編のEDロールがどうも魔女文字でびっしりしていたらしく、解読班の方々が日本語訳したそうで。画像はコチラ リンク切れの際はお申し付け下さい。

特殊な文字や言語というのはどうも惹かれるものがありますよね。ドイツ語のように厨二心をくすぐる実在の言語はもとより、アクロ語とかセイバートロン語とかその他諸々の架空の言語が存在するわけですが、今回は仮面ライダークウガに登場した敵怪人の種族が行使する『グロンギ語』でわざわざ翻訳しました。コンナコトシテルヒマハアンマリナインダケレドゲフンゲフン
なお今回グロンギ語に訳したのはキャラクターの本編でのセリフと思われる箇所を除いた部分のみです。翻訳が雑なので、小ネタ程度の扱いにしました。
グロンギ語(翻訳元の日本語)という表記をしています。興味のある方は続きからドゾー
※翻訳に際してこちらのサイトを参考にしました。
>>続きを読む
ハッピバースデイ!!鹿目まどか!!②
10月3日は鹿目まどかの誕生日!これで彼女も高校生!時が経つのは早いですねぇ、影月です。
そんなわけで祝う気があるのかどうかわからないSSを二日で書きあげてきましたん!
どうぞお納め下さいまし



>>続きを読む
寄り添って!杏子さん
一ヶ月も放置してしまいましたネーいけませんネーほんとに
はいこちらではご無沙汰しておりました影月でございます
一ヶ月ほど前に這いよれ!ニャル子さんを全巻一気に買って一気読みして見事にはまってしまいましたよああ真尋くんかわいい

さてさて今回はpixivの方ですでにうpしながらもこちらでうpしていなかった、ニャル子さんパロディのまどマギ二次SSをうpしようかと思います

あと衝動的にアニメイト限定版水着シャンタッ君ぬいぐるみセットの這いよれ!ニャル子さん10を予約してしまいましたこうなったのもシャンタッ君がいけないんだ(爆)



>>続きを読む
いつか逢う貴女のために
本日はまどほむ末期患者の一人でいらっしゃられるくらげもどきさんのお誕生日だということで、稚拙ながらもビジュアルノベルちっくなものを書いてみましたー

別にfigma制服ほむが届いてハシャイジャッテるわけじゃないんだからねっ!(





>>続きを読む
copyright © 2017 カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.