カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。
二次創作系小説を書き散らかしつつ、個人的に興味深いホビー(TF系多し)について騒ぎ立てるブログだったのですが、最近では自分で何やってるのかよくわかってません。そんなカンジのブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【オリジナル】髪の色【百合風味?】
ひっっっっさしぶりにオリジナルでSS書きました。そして百合を意識してみましたが、うん。








 染髪剤、つまり髪の毛を明るい茶色とか金とか別の色に染める薬品だな。それを使うと大抵頭頂部だけが黒くなってしまってダサいことになったりする。
 そういうことがないから羨ましいな、なんてよく言われるくらいに、私の髪の色素は薄い。生まれつき茶髪なのだ、私は。おかげで私はよく風紀委員会の面々に捕まえられる。これが地毛だって何回言っても覚えてくれないのは本当に困る。
 そんなこともあって、私はふとこんな願望を口にした。
「髪黒くしようかな」
「えっ」
 私と向かい合ってタコさんウィンナーを頬張っていたマリが間の抜けた顔でかつ間の抜けた声を出して私の願望に反応した。
「今なんて」
「黒染めしたいって言ったの」
「そんなことをするなんてもったいない!」
 まさかの抗議である。目の前のドアホウは机を叩いて立ち上がり、握り拳を作って私のことを説得し始めた。
「あすか、そんなことしちゃダメだって!髪傷んじゃうよ!」
「あ」
 いけない、忘れていた。まさかこいつにそれを指摘されて思い出すなんて、何という不覚。けれどもあの物覚えの悪い方々との交流を必要最低限に抑えるためにも、仕方ない。
 マリはなおも説得を続ける。
「こんなにも綺麗な髪なのに、粗末にしたらいけないよ!」
「大声で言わなくていい」
 あーあ、こっち見てきらしたよクラスメート諸君。見世物じゃないんだからこっち見んな。鬱陶しい視線を気にすることなく鬱陶しくマリは騒ぐ。
「それに、あすかは絶望的に黒が似合わないじゃん!」
「じゃかましい」
 ファッションと髪色を同列に扱うなこのバカ、と内心悪態をつく。まだ我慢しておこう。別に言ってやっても構わないけど、直情的だと茶化されたくない。変な意地が私にはあった。
「あすかが黒にしなくても、黒髪ならここにあるじゃん」
「は?」
 自分の頭を指さすマリ。マリのショートボブが揺れて、今度は私が間の抜けた声を漏らした。
「触ってもいいしもふもふしてもいいよ」
 重ね重ねこいつはアホだと思う。手身近にあった政治経済のうっすい教科書でマリの頭を叩いた。軽くもなく重くもない音がした。



「触ってもふもふすればよかったのに」
 アホ二号の悠が牛乳瓶の底みたいな眼鏡をくいくい押し上げながら言った。一本の長い三つ編みを揺らしてくるくる回る悠はぶつくさ文句を垂らす。
「まりりんの言う通りにさ、まりりんの髪で我慢すればいいのにー。アタシなんだかんだであっちゃんのさらさらセミロングに妬いてるもん。それが黒染めしてバキバキに傷んだら泣いちゃうよ?」
「知らん」
「ひっどーい」
 幼稚園児のように駄々をこねる悠を無視してドラッグストアへ向かう。
 染髪剤が陳列されている棚を見つけ、目当てのものを探して手に取ろうとしたけど、値段を見てフリーズした。定期的に買わないといけなくて今以上に髪の手入れしなきゃならなくなるだけでもかなり面倒くさいのに、こんなに値が張るわけ。あんまり潤沢じゃない私の財布では厳しいものがある。泣く泣く染髪剤を元あった場所に戻した。



 翌日、そのことをマリに話すと、マリは手放しで喜んだ。そんなに私が黒髪にするのが嫌だったか。
 唐突に抱きついてきたマリは、私に引き剥がされる前に、私の背中に腕を回してしっかりとホールドしてきた。その上頬ずりまで。
「暑苦しいっ、やめろっ」
「私の言葉、ちゃんと聞いていてくれたんだねー!あすかー!」
「別にそういうわけじゃないってか離れろ!」
「素直じゃないとこも可愛いなぁあすかはー、大好きだよ!」
 教室の隅でニマニマして私らを見てる悠を睨みつつ、密着してくるマリを引き剥がそうと試みるが、見事に失敗したのはまた別の話。






キャラ紹介
・あすか
語り部。金遣いが凄まじく荒い。不良ではない。
・マリ
アホ一号。あすかにべったり。ガチかノンケかは不明。
・悠
アホ二号。あすかとマリのじゃれあいでご飯三杯いける系女子。
スポンサーサイト
コメント
コメント
好きな人の髪色が変わるって一大事ですからねぇ…。その人の一部分が変わってしまうって事ですし。
それに髪が傷むのは嫌だってのは当然ですな。

愛されてますねぇ、あすかちゃんは( ´ ▽ ` )
アホの子相手なら大変ですが退屈はしないでしょうww
2012/07/20 (金) 03:42:02 | URL | クチナシ #-[ 編集 ]
Re:
>>クチナシさん
だから、ボロクソに言ってでも阻止しようとするのは仕方ないことなんですよ(

つんけんしてる子がアホの子に懐かれるのってなんかいいですよねぇ
2012/07/20 (金) 15:51:43 | URL | 影月 #-[ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。