カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。
二次創作系小説を書き散らかしつつ、個人的に興味深いホビー(TF系多し)について騒ぎ立てるブログだったのですが、最近では自分で何やってるのかよくわかってません。そんなカンジのブログです。
【告知】真尋さんアンソロジー、出ます!
KC3X0001_20130810204805dfc.jpg

サイクロナス「本日は当ブログ管理人が主催した合同誌の最終告知のために呼び出されたわけですが……」

KC3X0002.jpg

スカージ「悪の華を咲かせてやろう」

メガトロン「我のダークエネルゴンセイバーの錆になれ!」

KC3X0004_20130810204809876.jpg

サイクロナス「お二方お静かに!というかそんな物騒なもの基地で振り回さないで下さい!」

スカージ&メガトロン「「黙れ!!」」



~しばらくお待ちください~



KC3X0005_20130810204810bc5.jpg

ニャル子「どもー、いつもニコニコ真尋さんのお傍に這いよる混沌ニャルラトホテプでございまーす♪」

KC3X0006_20130810204811eca.jpg

スカージ「……」

KC3X0007_201308102048379f3.jpg

ビーコン「基地内でチャンバラなんてするから……」

メガトロン「オォゥ……」

KC3X0008_20130810204838c97.jpg

サイクロナス「止めてくれたのはありがたいんだが、いくらなんでもこれはやりすぎでは」

ニャル子「そんなことはどうでもいいんですよぉ」

KC3X0009_201308102048402b7.jpg

ニャル子「だって邪魔なんですもん」

サイクロナス「デストロンでもそこまで悪い顔できるやついないぞ」

KC3X0011_20130810204841176.jpg

ニャル子「そういうわけで本日は真尋さん合同から何故かアンソロジーへと名称が若干変わった、まひろ色シンフォニーをご紹介しまーす」

サイクロナス「ほとんど誤差のレベルだな」

KC3X0013_201308102049111f0.jpg

ニャル子「そんな真尋さんアンソロジー、管理人の人生初のオフセット本なんですよ。全72ページ、B5版で合同誌にしてはちょっと薄めですけど」

KC3X0014_20130810204913a2e.jpg

サイクロナス「これ表紙に油性マジックで『見本誌』とか直書きしていいのか?」

ニャル子「ブックカバーの上から書いてますから大丈夫です」

KC3X0016_201308102049147f5.jpg

ニャル子「それはさておき、この本は真尋さんの魅力の一つである『男の子なのになまら可愛い』部分を猛プッシュすることをテーマにしているんですよ!」

KC3X0017_20130810204917963.jpg

ニャル子「どのページを開いても可愛い真尋さんが見られます!こんなに嬉しい事はありません!」

KC3X0018_20130810204919d30.jpg

ニャル子「真尋さんメインの薄い本は供給量がとにかく少ないので、これを機にどんっどん増えていってほしいですね!」

サイクロナス「アニメ終わってから結構経つが大丈夫か」

KC3X0019_20130810205010a4c.jpg

サイクロナス「それに、供給量が少ないってことは需要量も……」

KC3X0020_20130810205012bf3.jpg

サイクロナス「げふぉ」

KC3X0021_20130810205013920.jpg

ニャル子「それを言うんじゃねぇですよォォォォォ!!!」


そんなこんなで真尋さんアンソロジー~まひろ色シンフォニー、8月12日にコミックマーケット84三日目、東セ46bにて委託頒布されます!よろしくお願いします!




コミックマーケットにて真尋さんアンソロジーを買われるにあたって

KC3X0022_20130810205015c86.jpg

コミックマーケット初日、館内気温が46度という砂漠よりもひどい状況が発生したという噂が流れています。三日目もそのような状況が発生する可能性は十二分にあります。
ですので帽子などで直射日光を避け、水分補給をするように心がけて下さい。
メガ様のようにマントをつけると中二心も満たされるかもしれません。
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
トラックバック
copyright © 2017 カゲツキくんは作り出した何かを全力で投下していきました。 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.